会社を辞めてハワイに住んでみた!③ドミトリーのススメ

旅行

2015年1月~3月までの間、ノービザの範囲内でハワイに住んでみた実体験を元に、現在の情報もアップデートしつつまとめたハワイ滞在記です。

↓前回の記事です

ドミトリーってどんな感じ?

ドミトリー(相部屋)って、ハワイというリゾート地ではどうなんだろう?と思われた方もいるかもしれません。私も最初に探した時にハワイにあるんだろうか?と思ったのですが、まぁまぁありますね。でも利用する日本人は少ないイメージです。
メリットだらけなので、もし一人旅や他の旅行者と交流したい時はオススメします!

メリット①一人旅でも寂しくない

一人でリゾート地のホテルに泊まった事もあるのですが、昼間は出かけているので良いとして、夕ご飯~寝るまでが結構寂しいんですよね。
夕飯は一人でレストランに入りにくいし、フードコートで済ませるとしても、海外で夜出かけて何かあったら嫌だし。
ドミトリーだと、流れでご飯行こう!とか、仲良くなってきて今日の夜が最後で明日帰国するから飲みに行こうとかあるので、そんなに英語が出来なかったとしても結構楽しいですよ。
初めてハワイでドミトリー泊まった時はロシア人とドイツ人の女子と同部屋でレンタカーしてラニカイビーチまでいきました。自分一人ではできない事も可能になります。

メリット②宿泊費が抑えられる

ハワイで一泊3000円~4000円なので安いですよね。ハワイは安いホテルでも一泊一万円はしますから長期滞在だとその差額が顕著に出ますしね。沖縄なんかはもっと安くって1000円~2000円くらいであります。500円とかあまりに安い所は選ばないようにしています。

一度バリ島で一泊500円のコテージに泊まったのですが、そこは私が泊まった中で今までで一番安かったです。コテージって聞くといい感じがしますが、見た目はまぁいい感じでも部屋の中はそれ相応でした。
いや、安宿はそういう部分もエンジョイするものだと思うんですが、その時はなんだか体調が悪くて楽しめませんでした。
壁が何か植物で編まれていて、夜が明ける頃にふと壁をみたら光が差し込んでいました。もちろんエアコンやテレビなんて無いです。シャワーも水でトイレもバケツの水を自分で流すスタイルでした。
ちょっとここは疲れてしまって、その反動でバリ島一大きいプールがあるホテルを即予約してタクシーで移動しました・・というわけで予約の際はクチコミや写真等をみて、大丈夫そうな所に決めてくださいね。

メリット③ちょっとしたイベントがある

宿によるのですが、〇曜日はピザナイトとか、〇曜日の朝はワッフル焼くよ~とかあるんです!ちょっと、いやだいぶ嬉しいですよね。アメリカはアメフト観戦にみなさん熱狂的ですから、一度試合があった時はみんなでテレビがあるリビングに集まって観戦していましたよ。そういう日本に居ては味わえないイベントを体験できるのも醍醐味ですね。

メリット④国際交流

色々な国の方が泊まってますから、お話を聞くのも楽しいです。共有のキッチンが大体ありますので、一緒に料理したりご飯食べたり。朝ごはんにパンケーキミックス置いておくから、自由に作ってもいいよという宿もありました。
若い人が多いですが、意外と年配の方もみえたりします。宿によっては40歳以下しかドミトリー使えないとか年齢制限があります。個室だと何歳でもOKです。
あとは自分の英語力をブラッシュアップですね。めっちゃ痛感します(笑)

デメリットも申し上げておきますと・・

デメリット①貴重品の管理

相部屋なので、貴重品はきっちり管理してください。私は南京錠を何個か持っていきますし、財布やパスポートはジップロックに入れてシャワールームに持っていったり、パソコンを持っていった時もワイヤーロックを持っていきました。
誰も泥棒する為には泊まってないと思いますが、ベッドにポンっと財布があったらそれはなくなりますよね。

デメリット②うるさい

飲みに行って夜中帰ってくる人もいますし、なぜか夜中に国際電話掛けだす人もいました。明け方に出発で出ていく人もいます。電話は例外ですが、それ以外は皆さん静かに動きますけども、気になる人は耳栓があったほうがいいですね。いびきとかにも対応できます。

なかなか楽しいドミトリーステイ♪若いうちに経験するのが良いと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました